スピーカーの常識を変える。マーティー101・ジュピティ301、タイムドメイン理論に基づいた革新サウンド。

BauXar
Review
 

――扇谷さんは、以前からタイムドメイン・スピーカーをご存知だったとか?

そうですね、タマゴ型のタイプのものが出た時大きく宣伝されてましたよね。それですぐに「何だろこれ!?」と。その後実際にお店で試聴することも出来ましたが、その時は残念ながら周りもうるさかったこともあり、タイムドメインならではの真の良さを実感することは出来ませんでした。

――今回は、実際にMarty101で音楽を鑑賞していただきました。
まずMarty101のデザインに関する第一印象をお聞かせください。

今までのどんなスピーカーとも違うところがまずナイスですね。僕はオリジナルなものが大好きなんです。スピーカー面が上に向いてるというデザインがそのまま無指向性の良さにもデザインの良さにもつながっていますね。アレンジ版でデザイン画がほどこされたものもある様ですね(*編集注:MartyWearカスタマイズ)。それも欲しいな〜。

扇谷ケント ――どんなオーディオシステムに接続されましたか?
また、設置場所は?

まずはやっぱりiPod。そしてパソコン、テレビ、音楽制作用のモニタースピーカーの代わりにもしてみました。

――Marty101の接続・操作に不便なところはありましたか?

なにもありません。シンプル・イズ・ベストですね。

――さて、Marty101からのサウンド、ご感想は?

聴いた瞬間からいきなり良かったです。今まで聴いたどんなスピーカーとも違う立体的な音。その場所で聴いているかのような不思議な自然さ。今までのスピーカーが周波数的には上から下までよく伸びているけども平面的でどこか1点からしか出ていない感じで、でもそれに慣れていたので、「自然」であることがなんだか不思議なのです。スピーカーから出る音が嫌いな方にとっては、ついに好きになれるものが出たのではないでしょうか。

ノラ・ジョーンズ、ケニー・ギャレットなどのアコースティックジャズから、ポール・ウェラー、ダニー・ハザウェイのライブ盤、スパニッシュ・ハーレム・オーケストラ、ほぼオール打ち込みもののHer Space Holidayなどあらゆるものを聴いてみました。アコースティックなものはもちろんその恩恵をたっぷり受けられますし、打ち込みだけのものも、普通のスピーカーならとても平面なものになるところが、とても立体的で生きたものになるのがとても印象的でした。

自分で作った作品も聴いてみましたが、自分がミックス時に表現したかったことをちゃんと再生してくれました。こちらの気持ちをわかってくれているような感じです(笑)。

また、DVDを見た時も抜群でした。「ラストサムライ」や「スターウォーズ」など映画、ダイアナ・クラールの「Live in Paris」やラテン音楽ドキュメンタリーの「Calle54」など音楽ものをかけてみましたが自然音、効果音、音楽、そしてセリフがとってもリアルで自然なのです。立体的なので音と音の分離も良いですね。サラウンドのような感覚を楽しめます。

無指向性なので部屋のどこでも気持ちよく聞こえるのもグッドです。ちょっと試すつもりがすっかり映画に引き込まれてしばらく見入ってしまいました。テレビでも同様の効果を得られますので、普段あまり見ないテレビもこれをつけたらたくさん見ちゃいそうです。

――従来のオーディオシステムと比較して、サウンドのどんなところに違いを感じましたか?

先に述べたように、従来と比べて音が立体的、臨場感に溢れていて自然であること、音がひとところから出ているのではなく包まれている感じ、でしょうか。ただ小型なこともあるし、周波数的にはハイファイなスピーカーに慣れた耳には高域と低域がちょっとさびしいです。なのでこうなると後はもっと上のクラスのYoshii9などのタイムドメインスピーカーがぐっと気になってきますね。タイムドメインならではの良さにレンジも広さも加わるのでは、と期待が膨らみます。

扇谷ケント――扇谷さんご自身、Marty101はどんな用途やどんな音楽ジャンルに活用できるとお考えですか?

リスニングや映画鑑賞、テレビなどの普段使いには新しい次元の世界を提供してくれると思います。制作にもこれからはいつものモニタースピーカーと併用して必ず使うでしょうね。こちらの意図した音色の操作を逃さず表現してくれますから。

――Marty101のご購入をお考えの方に、アドバイスやメッセージをお願いいたします。

なんといってもこの音でこ値段はかなり安いと思います。3万円弱でタイムドメインの素晴らしい世界を体感出来るのですから。自然で長時間聴ける音でiPod用スピーカーをお探しでしたら迷わずこれです。逆にとにかく派手な音が欲しいのでしたらちょっと違うかもしれません。まずはこれでタイムドメインの世界を経験してハマったら上のクラスのものも試されたらいかがでしょうか。

――どうもありがとうございました。

●扇谷ケントさんは、全国・海外を今日も駆けめぐっています。以前からタイムドメイン・スピーカーのことをご存知で、今回のインタビューも二つ返事で引き受けていただきました。インタビューを読むと、Marty101を様々な方法で 熱心に試聴してくれました。心からサウンドを大切にする扇谷さんのお人柄もわかるような気がしますね。ご本人のWEBサイトはもちろん、オルケスタ・デ・ラ・ルス花れんさんのサイトへもどうぞ。

BauXar(ボザール) ニュース ボザールについて タイムドメイン理論 取扱店のご案内 試聴会のお申込 レビュー リンク + ブログ 商品ページ レビュー Jupity301